適応症状

鍼灸治療の対象として肩こり・腰痛・関節痛, 漢方治療の対象としては、不妊治療、アトピー性皮膚炎がよく知られています。これらの症状の改善は、全身状態を整える為にも大変意義があります。

それ以外にも様々な症状-たとえば不眠や動悸、自律神経失調症、ノイローゼやヒステリー、うつ、さらには動脈硬化症、糖尿病、性機能障害など-に効果があり、WHO(世界保健機関)においても、鍼灸漢方療法の有効性を認めております。

当クリニックが得意とする症状は?

婦人科系
不妊症、更年期障害、子宮内膜症、生理痛、生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫

皮膚科系

アトピー性皮膚炎、にきび、花粉症、じんま疹などのアレルギー症状

こころの不調系

自律神経失調症、慢性疲労性症候群、神経症、不眠症、うつ病

その他の疾患

高血圧、胆石症

漢方治療・光線療法に向いている症状とは?

検査上は何も問題ないけど起こる症状

頭痛、肩こり、疲れやすいなど。

病名がつきにくいような慢性的な症状

足の冷え、胃腸虚弱など

体のいろんなところに同時に症状が起こる場合

月経前症候群、不定愁訴症候群など

疲労やストレスが原因とされている症状

風邪をひきやすい、寒がりなど

予防が治療となるような症状

アレルギー性の各疾患、花粉症、痔など

漢方治療に向いていない症状とは?

・緊急の処置、手術が有効な症状
・一時的に抑えるだけでよい症状
・検査で異常があっても自覚症状がないとき