不眠と漢方

漢方では、不眠は3つに分けられます。

1、心火

例 Aさん(女性、33歳) 「最近、思い悩むことがあり、急に眠れなくなりました。寝たと思っても、すぐまた目が覚めます」 Aさんは、職場の人間関係で、ちょっとしたトラブルがありました。運悪く、同じ時期に恋人との間でも、いざこざが生じました。それ以来、思い悩んでばかりいるそうです。布団に入っても悶々として、目がさえてしまいます。ようやく眠りに入ったと思っても、職場や恋人とのリアルな夢をみて、またすぐに目覚めてしまいます。動悸や、胸苦しい感じもあるそうです。舌は紅色をしています

  • 悶々として目がさえて眠れない
  • 思い悩みすぎる
  • 動悸、胸苦しい
  • 舌が赤い

この場合は、三黄瀉心湯という方剤が効きます。

2、心脾両虚
例 Bさん(女性、42歳)「眠りが浅く、よく夢を見ます。そのせいで睡眠が足りず、朝から疲れています」Bさんは、夜中に2、3度目が覚めるそうです。そのせいで夜間ぐっすり眠れず、昼間に睡魔に襲われることがよくあります。ときどき動悸がします。顔色につやがなく、白っぽい色の舌をしています。
  • 眠りが浅い
  • 良く夢を見る
  • 昼間に眠くなる

この場合は、帰脾湯という方剤が効きます。

3、肝火

例 いらいらして寝つけない、怒りっぽい、など精神情緒をつかさどる五臓の肝(かん)の機能が乱れて不眠が発生する場合もあります。
  • いらいらして寝付けない
  • 怒りっぽい
  • 頭痛
  • さらに頭痛、目の充血などもみられる場合があります
この場合は、竜胆瀉肝湯という方剤が効きます。